建設業のすべての疑問に答えます 建設業.net 建設業のQ&Aサイト

建設業許可に関するQ&A

1500万円以上でも許可が不要? 2015/8/21

当方で、受注を予定しております一般住宅の建築工事が1500万円を超える金額となりそうです。やはり建設業許可を取得しなければなりませんか。

建設業許可が不要な場合もある。

一般的には 建設業許可について、専門工事については、「請負金額500万円未満」。建築一式工事では「1500万円未満」については、建設業許可が不要な工事であるというところまでが一般的な認識だと思います。

無許可でもできる場合 ただ、業種「建築一式工事」については、以下のいずれかに該当すれば建設業許可が不要であるとされています。
● 1件の請負代金が1500万円未満の工事
● 請負金額の代金にかかわらず、木造住宅で延べ面積が150㎡未満の工事
 (主要構造部が木造で、延べ面積の1/2以上を居住用に供するもの)

施工内容の確認 さて、この度のご相談内容についてですが、請負金額が1500万円を超えるものの、仮に木造住宅で、延べ面積が150㎡未満であれば許可が無くても請負うことが可能です。施工内容をもう一度確認してみてください。

業種判断も重要 もう一つ重要な確認事項があります。それは、施工工事が「建築一式」に該当するかどうかという点です。認識の誤りから、建設業法上の「建築一式」工事ではなかったというケースもありますので十分ご注意下さい。

お問い合わせはこちら

関連するQ&A