建設業のすべての疑問に答えます 建設業.net 建設業のQ&Aサイト

建設業許可に関するQ&A

建設業許可の種類? 2015/8/21

私は、千葉県で個人事業として足場組み上げ工事をメインに営んでいます。建設業許可には種類があると聞きましたが、どのような種類なのでしょうか。私は、どの種類を取得すべきなのでしょうか。

許可の種類は、管轄行政庁。区分。業種の組み合わせ。

建設業許可の種類 建設業許可には、種類があると言いますが、それは以下の3種類の組み合わせからなります。
● 管轄する行政庁はどこか
● 一般と特定の区分はどちらか
● 28業種のうちのどの業種か

管轄する行政庁はどこか 管轄する行政庁は、営業所がどこにあるかによって分けられます。
● 同じ都道府県内に一つ又は複数の営業所がある
  → □□知事 が管轄 (知事許可)
● 複数の都道府県に営業所がある
  → 国土交通大臣 が管轄 (大臣許可)

一般と特定の区分はどちらか どちらの区分とするかによって、「元請業者」として施工できる工事の規模が異なります。ちなみに、下請け業者として受注する工事については、「一般」「特定」とも請負金額に制限はありません。

特定・・・3000万円以上、下請業者に出す工事が施工可能
     ※建築一式工事は4500万円以上
一般・・・3000万円未満、下請け業者に出す工事が施工可能

28業種のうちのどの業種か 建設業許可は28業種に分かれています。取得した業種についてのみ、500万円以上の工事の施工が許可されます。

どの種類をとるべきか まず、相談者様のお話では、千葉で個人事業を営まれているとのことですので、「千葉県知事許可」が該当するかと思います。また、工種から推測しますと、下請業者として現場に入ることがほぼだと思いますので、「一般」でよろしいかと思います。さらに、足場組み上げ工事という内容は、業種「とび・土工・コンクリート工事」を選択すれば問題ありません。御社にあった建設業許可の種類を確認しましょう。

お問い合わせはこちら

関連するQ&A