建設業のすべての疑問に答えます 建設業.net 建設業のQ&Aサイト

建設業許可に関するQ&A

常勤性の判断基準は? 2016/1/7

当社で建設業許可を取得したいと考えていますが、要件の中に経営業務の管理責任者や専任技術者が常勤で勤務しなればならないとあります。常勤としての判断基準などはありますか?

判断基準は、適用する保険、報酬、通勤時間などです。

常勤とは 建設業許可において、人的要件にあたる経営業務の管理責任者や専任技術者には、常勤性が求められています。この「常勤」とは、原則として本社、本店等において、休日その他勤務を要しない日を除き、一定の計画の下に毎日所定の時間中、その職務に従事していることをいいます。つまり、他社に勤めず、毎日出勤して、その業務に従事していることを常勤とします。週に2日、3日の出勤では常勤と認められない可能性があります。

常勤性の判断基準 建設業許可申請では、常勤性の確認を以下のような事項から判断します。

健康保険は申請会社で適用されているか。
住所と営業所は毎日通勤できる距離として相応か。
役員報酬などは、常勤に相応した金額か。
住民税の特別徴収を申請会社で行っているか。
他社や個人事業からの収入を得ていないか。
他社や別営業所で常勤が必要な職務に従事していないか

雇い入れて許可を取得する 建設業許可を取得するために、要件を満たす者を雇い入れすることも、方法として問題ありません。ただし、常勤として雇い入れる必要がありますし、申請する際に常勤の証明が困難な場合もあります。雇い入れの際は、申請方法を想定して、人材の選定を慎重にすべきです。

お問い合わせはこちら

関連するQ&A