建設業のすべての疑問に答えます 建設業.net 建設業のQ&Aサイト

開業・法人設立に関するQ&A

会社と個人どちらがトク? 2015/6/1

私は、建設会社に勤めておりましたが、この度独立することになりました。独立するにあたって個人事業で行うか、会社にすべきか検討しています。どちらがトクなのでしょうか。

十分に比較検討が必要です。

一概にどちらがトクかというのは難しいです。それぞれの状況にあわせて選択する必要があります。以下、検討事項を紹介します。

初期費用 会社を設立する場合、株式会社では登記費用等の実費が約24万円かかります。それに対し、個人事業は税務署への届け出のみで開業できます。

税務上の有利 開業してからの利益がどの程度見込めるかによって比較します。一般的には、利益が少なければ個人事業が、利益が大きくなるほど会社が税務上のメリットが大きくなると考えられます。

社会保険 会社は、社会保険の加入が義務化されています。反対に個人事業は任意となります。社会保険は通常の保険料とは別に、会社負担分という保険料が発生しますので、経営者側から考えると負担は大きくなります。

許可 例えば建設業許可において、個人事業で取得した場合、許可は個人事業主に帰属します。売り上げが上昇し、会社へ移行しようとした場合、新規での許可扱いになりますので、費用及び許可取得までの無許可期間が発生してしまう場合があります。

取引上の信用性 取引先には、会社でないと取引しないというところもあります。また、銀行からの融資の際にも会社のほうが有利に働く場合が多いのが現状です。

もし迷われたら、お気軽にご相談下さい。

お問い合わせはこちら

関連するQ&A